晴れた日に38915円見える!

二月初旬から世界株は大きく下げておりましたが、

先週からの下落も一服しそうな雰囲気です。ただ、まだ上下はありそうな感じです。

 

先週、日本証券アナリスト協会の勉強会に行って来ました。

講師は大和證券のチーフアナリストの木野内栄治さんでした。

 

テレビで何度か拝見していましたが、生のお話とてもわかりやすく、かなり明快でした。

 


木野内さんは3年程前に

 

「晴れた日に38915円が見える」というテーマのレポートを

 

書かれて話題になりました。

 

「晴れた日に38915円が見える!」って何か素敵だと思いませんか?

 

とてもイメージが湧きやすいフレーズです。

それでいて、とてもすがすがしい感じがします。

 

遠くにそびえたっていて手が届きそうにもないと思っていた

日経平均の最高値の38915円が、景気回復と共に、雲が晴れて、

青空になり始め、はっきりと見えるようになってきたのです。

 

実際の木野内さんは、とても頭の良い方で、論理が明快で分かりやすく、

話し方も人柄もとてもすがすがしい方でした。

 

木野内さんは大和證券さんの宝ではないかと思います。

 

木野内さんのマーケットに関するお話は、

Youtubeで解説させて頂いておりますので、ご参考にしてください。