質問「なぜ、ベトナム株ETFは上がらないのですか?」

証券ライフチャンネルをいつもご覧頂いている方からご質問を頂きました。

 

質問「いつも楽しく拝見しています。

ベトナムVN指数は緩やかに回復しているように思いますが、

VNMや03087のETFを見る限りでは2010年以降横ばいと下げを継続しています。

やはりベトナムの個別株を選ぶべきでしょうか?」

 

 


 答え→なぜ、ベトナム株ETFのパフォーマンスが悪いのかと申しますと、組み入れ銘柄が良くないからです。

 

どういうことかと申しますと、日本株の指数連動ETFというと、例えば日経平均連動型のETFはちゃんと日経平均採用銘柄と同じ銘柄を組み入れていますが、ベトナム株市場は、外国人投資規制というものがあるために、外国人が購入するETFは指数と同じ銘柄組み入れができないのです。(株が買えないのです。)

 

ベトナム株市場は、外国人投資規制があり、銘柄によって違いますが、最大49%までしか外国人が買えない銘柄があります。良い銘柄のほとんどが外国人投資枠がいっぱいになっており、市場では買えないのです。

 

例えば、IT大手のFPT、軍隊商業銀行、リー冷蔵、DHG製薬など優良銘柄は外国人投資枠がいっぱいになっていて、市場で注文を出してもほとんど買えないのです。(良い銘柄ほど、外国投資枠がいっぱいで、株価は上昇しています。)

 

従いまして、日本で購入できるほとんどのベトナム株ETFは、市場で買える銘柄しか組入れていないので上昇しないのです。

 

しかし、弊社が取り扱っているFCグローバルベトナムファンドは、既にIT大手のFPT、軍隊商業銀行、リー冷蔵、DHG製薬など優良銘柄を多数く組み入れており、それらの銘柄の上昇が、パフォーマンスに寄与しているのです。それで、ベトナム株のVN指数を上回るパフォーマンスを出しているのです。また、このファンドのファンドマネージャーは、外国人投資規制枠がいっぱいの銘柄の売却情報が出ると、購入申し込みをして、組み入れを増やすスタンスをとっています。外国人投資規制枠がいっぱいになっている銘柄は外国人が売りを出さない限り、外国人は購入できないのです。

 

ベトナムの個別株は、銘柄を選別していかないと中々儲からないと思います。優良株は外国人投資枠がいっぱいになっており、市場では買えない銘柄が多いです。例えば、FPT、軍隊商業銀行、リー冷蔵、DHG製薬は買い注文を出しても買えることはほとんどありません。(外国人投資枠が撤廃されれば別ですが。)

 

ベトナム株投資では外国人投資規制枠という日本ではあまりなじみの無い概念を頭にいれておかないと失敗することになります。

 

ベトナム株ETF 03087のパフォーマンスはあまり良くないのが下のチャートで確認頂けると思います。