日本株市場の見通し

日経平均株価が2万円を超えて来ました。

NYダウが新高値を取る中、先進国株市場の中で日本だけが取り残されていた恰好でしたが、

ようやく追いつき始めたというところでしょう。

 

さて、今後の日本株全体の見通しはどうなるのでしょうか? 


個人的には買い場が欲しいので下がって欲しいのですが、

今は、「押し目待ちに押し目なし!」といった状態でしょう。

 

多少の押し目はあるとしても、相場全体は強いと予測しています。

出典:JPMザ・ジャパン商品概要資料

日本株上昇の大きな要因はなんといっても企業業績です。

今期、日本企業は過去最高益を更新します。

左の図の棒グラフは、2002年~2017年の主要上場企業の経常利益の推移です。

そして、青色のチャートはTOPIXの推移です。

ご覧の通り、経常利益はリーマンショックを境に右肩上がりになり、

過去最高得益を更新しています。

この好調な企業業績が株価上昇の大きな要因です。

そして、この企業業績は下値を支えています。 

出所:5/22付藤戸レポート

 5/25現在の日経平均の予想EPSは1400円になっています。

PER15倍で計算すると、日経平均は21000円になります。

予想EPS 1400円  × PER 15=21000

PER 16=22400

PER 17=23800

PER 18=25200 

 米国NYダウは現在PER17倍まで買われているので

日経平均が同じ17倍まで買われると、23800円まで行くということになります。

さらに、来期・再来期と毎年10%増益を続けると

2020年までに日経平均株価は28000円の可能性も出てくるでしょう。

 

ドル円レートが130円近くまで行けば、その確率がかなり高まると思われます。

 

いずれにせよ、今の相場は企業業績の下支えがあるので、下値不安は少ないでしょう。