ロボアドバイザーにお金を預けてはいけない

ここ最近AI(人工知能)使ったロボット運用が話題を集めているが、遊びでちょこっと投資するには良いかもしれないが、本格的な資産形成にはオススメ出来ない。

 

ロボアドバイザーをオススメ出来ない第一の理由は急激な相場変動に対応出来るのか?ということである。もし、リーマンショック級の暴落が起これば、ポジションをショートに出来るのだろうか? 


また、ショートにしなかったとしても全てキャッシュポジションにすることができるのだろうか?もし全てキャッシュポジションにしたとしても、年間1%〜2%の管理手数料が引かれ、資産は自然に減っていく。目も当てられない状況になるだろう。

 

第二の理由としても、今、日本で取り扱っているロボアドバイザーは世界のETFだけを投資対象としていることだ。投資の世界には個別株式や債券など何万種類という金融商品があるにも関わらず、ETFに限定してしまっているということだ。もし、個別株や為替、商品市場など全ての金融商品を対象としたロボアドバイザーが出てくれば面白いと思う。そうすると、コストは年間1%〜2%では済まないだろう。

 

第三の理由は、過去のトラックレコードが少なすぎるということだ。過去20年間のシュミレーションでは今後はこの組み合わせが良いでしょうとロボアドバイザーが提案してきたとしても、所詮過去のシュミレーションだ。今後どうなるかはわからない。いずれにせよ、資産運用は信頼出来る人に任せるか、自分で徹底的に研究して投資するしかないと私は思う。